整形外科を中心とした医療と機能回復

医療センター(病院)診療科のご紹介

麻酔科

麻酔科は手術のときに痛くないように、また、眠っている間に手術が終了するように、麻酔と手術中の全身管理を行っています。

当医療センターは日本麻酔科学会の認定病院として承認されています。
現在、麻酔科専従医師は1名ですが、水曜日の午後は非常勤麻酔科医に応援をお願いしています。

全身麻酔が必要な手術や人工関節置換術、小児の手術、泌尿器科の手術では、原則的に麻酔科医が麻酔管理を担当していますが、その他の局所麻酔の手術や伝達麻酔については各科の担当医が麻酔を行っています。

手術前に(麻酔科主任医長より)

手術の前には麻酔科医が、病室で簡単な問診を行います。
入院されて何回も同じことを聞かれてうんざりされる事と思いますが、麻酔科医の視点は異なっていますので、安全な麻酔管理のためにご協力をお願いいたします。
また、麻酔科専従医師は1名のみであるため、手術の終わった遅い時間や手術の待ち時間に病室を訪問して、いろいろな質問や説明を行っています。
時間が限られている上に私が元来早口なもので、質問や説明がわかりにくいこともあると思います。ご質問やご要望などがありましたら、遠慮なく何でもおっしゃってください。
では、手術室で!

麻酔科主任医長

麻酔科担当医師一覧

向田圭子
役職 診療部麻酔科主任医長
専門分野 麻酔
認定・専門医 日本麻酔科学会認定麻酔科指導医
出身大学 広島大学 昭和58年