整形外科を中心とした医療と機能回復

医療センター(病院)

医療センターでは、整形外科を中心に、
小児科、泌尿器科、神経内科、麻酔科、歯科など
各科のスペシャリストたちが協力しながら、障害者の方々、
そして地域の方々に、総合的な医療を提供しています。

医療センター長ごあいさつ

中国地方各地より当センターの治療を求めて多くの患者さまが来られます。
これは、障害者(児)医療において広島県下の中核的役割を果たしているだけでなく、各科のスペシャリストとこれを支えるスタッフが、幅広い患者さまに質の高い医療を提供してきたことを評価いただいたものと考えています。
中でも整形外科は、13名の常勤医師が在籍し、手、股、膝、脊椎、人工関節、関節リウマチ、小児整形のスペシャリストが手術をこなしております。

これからも我々は、患者さまに信頼され選ばれる医療をめざして、全スタッフが常に学びの姿勢を絶やさず、先進医療への知識を深め、我々の治療の検証を行い、技術の研鑽に努めてまいります。
また、患者さまが納得して治療を受けられるよう、自己選択ができるよう、丁寧かつわかりやすい説明をおこないます。
そして、医療、福祉は単独の病院や施設で完結することはできません。患者さまの地域移行、家庭復帰のため、病診・病々連携、福祉サービスとの連携を深めてまいります。

医療センター長
宮下裕行

医療センター長 宮下裕行

リハセンターの整形外科技術

リハセンターの整形外科技術

脊椎外科・人工関節・手の外科・膝の外科の手術数は
県内でもトップレベルであり、多くの病院から紹介を受けています。