整形外科を中心とした医療と機能回復

リハセンターについて部門のご紹介

機能回復訓練部

理学療法科、作業・言語療法科、小児訓練科は、患者さまの個性に配慮した機能回復訓練(リハビリテーション)を提供しています。また、リハビリテーション中核組織(病院)のスタッフとして、地域療育等支援事業を行っています。

  • 理学療法科

    医療センター理学療法室では、医療センターの入院患者様および外来をご利用の患者様に対して理学療法(リハビリテーション)を行っています。
    現在の配置は理学療法士15名となっています。担当医師の指示のもと、チーム医療の一員として患者さまに関わります。

    整形外科疾患の場合は主に手術後のリハビリであり、変形性関節症の方の人工関節、スポーツ障害による靱帯損傷、アキレス腱断裂、転倒による大腿骨骨折等様々です。いずれの場合も関節可動域の獲得、筋力強化に加え、自宅復帰、スポーツ復帰を見据え、自宅の環境や競技特性に合わせた動作の獲得を図ります。

    脳血管疾患・脳外傷では、運動麻痺への介入を行いながらも、後遺症があっても安全に効率よく動けるようにトレーニングを行っていきます。

    理学療法室の外では、退院前訪問、地域連携への参加、車いすや装具等の作製のサポートを行っています。

    理学療法科
  • 作業・言語療法科

    当リハセンターでは、お互いの情報のやりとりが自然な形でできるよう、基本的に作業療法士と言語療法士が同じ部屋で治療を行っています。

    作業療法は「障がいのために難しくなった日常生活を再びできるようになること」を支援させていただくものです。身体障害のある方から高次脳機能障害の方まで幅広く援助させていただいています。
    本人をはじめ取り巻く環境にもアプローチしながら、家庭復帰のための生活支援や復学復職や新規就労といった社会参加支援を行っています。
    また高次脳機能障害の方に対しても、いろいろなことがうまくいかない原因を一緒に探しながら、解決法を見つけていきます。

    言語療法は「家庭や社会でうまくいかなくなったコミュニケーションをスムーズにできるように、また飲み込みの難しさを少しでも軽減できるように」お手伝いさせていただくものです。
    脳の障害による失語症や構音障害、高次脳機能障害、嚥下障害の方々を対象に、発声や飲み込みに関わる器官の機能回復訓練(リハビリテーション)から、言語・認知の問題までアプローチしています。
    また、失語症のグループ訓練として、言葉が不自由な方々に安心して会話をしていただけるようなコミュニケーションの場も提供させていただいています。

    作業・言語療法科
  • 小児訓練科

    小児訓練科で行うリハビリは「発達支援」といったほうが分かりやすいかもしれません。
    乳幼児期から少年期に、本来自然に獲得して成長していくはずのものが障害のために獲得困難な子供たちの援助をさせていただく部門です。
    子どもたちへの援助に限らず「周囲」や「環境」を整えることも小児訓練科の仕事のひとつです。保護者の関わり方の指導や、保育園や学校への指導も行います。

    当リハセンターでは「できないならできない中でどうやって生活の質を上げていくか」を視野に入れて子どもたちに向き合うようにしています。
    また当リハセンターでは患者さまを生涯に渡って診ることができるので、将来を見越して小児期から関わっていくことができるのも特徴です。
    医療型障害児入所施設には、赤ちゃんのうちからお母さまとともに入園できる親子入園の制度もあります。

    小児訓練科