整形外科を中心とした医療と機能回復

リハセンターについて

お知らせ

様々な技術を持った専門家たちが一体となって、
広島県立障害者リハビリテーションセンター各施設の
患者さま、利用者さまを支援しています。

所長ごあいさつ

広島県立障害者リハビリテーションセンターは、昭和28年に広島市尾長町に設立された県立若草園を前身として、昭和53年4月に設立されました。現在は医療センター、高次脳機能センター、若草園、若草療育園、あけぼの、そしてスポーツ交流センター「おりづる」で構成される医療・福祉複合施設です。

それぞれの施設が有機的に連携しながら一般患者さまならびに障害者の医療、生活援助、さらには社会参画の支援を行うのが当センターの使命です。

私たちは大変充実した医療・リハビリの人材と施設のもと、地域住民から選ばれる医療機関、障害者から信頼してもらえる医療・福祉の実現をめざし日々努力してまいります。

地域住民の皆様と障害者の皆さまには、心身の病気や福祉について、ご遠慮なく受診していただくようにスタッフ全員がお待ち申し上げております。

広島県立障害者リハビリテーションセンター所長
安永裕司

広島県立障害者リハビリテーションセンター所長 安永裕司