整形外科を中心とした医療と機能回復

リハセンターについて部門のご紹介

看護部

看護部では、医師や支援員、セラピストなどを含めた専門スタッフと連携しながら、一人ひとりのわずかな仕草や、ささやかな変化から患者さまの様態を把握し、一生懸命その患者さまのことを考え続けるようにしています。

看護部長ごあいさつ

看護部では、「利用者を中心に、質の高い心あたたまる看護の提供を目指します」の理念のもと、患者・利用者に寄り添い、経験による実践知と継続教育により、どのような方に対しても、その場に応じた知識・技術・能力を発揮できるよう、日々研鑽を重ね、患者・利用者に必要な医療サービスを提供します。

身体に障害を有する方からも、言葉でのコミュニケーションが難しい方からも、何を必要とされているかを感じ取るため、医療機器に頼るのではなく、目で見て、手で触れて五感を働かせることが、私たちに求められている看護だと思っています。

医師や他の医療スタッフ等と連携し、わずかな変化を見逃すことのないよう、「あなたを見ている」ことを看護部として大切にし、質の高い看護を提供します。

看護部長 貞保 まゆみ

看護部長
貞保 まゆみ

  • 外来

    身体が不自由な方がご利用しやすいよう、正面玄関と整形外科外来の待合室後方に、約20台の車椅子を設置し、廊下も広い設計になっています。「外来は当リハセンターの窓口であり、地域との接点」であることを看護師一人ひとりが十分自覚し、利用して下さる方々一人一人に満足していただけるサービスを提供することを心がけております。
    また、患者さまの疾患や障害の特質に配慮し、総合相談課、更生相談所等と連携し、医療費の公費負担制度や施設利用などを始めとする社会保障制度利用の情報提供に努めています。どうぞお気軽にお声かけ下さい。

    外来
  • 手術室

    当リハセンターでは、手術室の看護師は外来も担当していますので、患者さまの診療の流れを医師とともに把握しながら手術まで看護を行います。また年間1000例をこえる手術を行うため、それぞれの看護師が高度な技術を持って手術看護を行えるよう研鑽を積んでいます。

    手術室
  • 医療センター1病棟(60床)

    医療センター東棟の3階に位置し、整形外科、泌尿器科の主に手術を受けられる患者さまに対応しています。患者さまに安心して手術を受けていただき、安全で安楽な術後が送れるように、いつも笑顔で心温まる看護を実践しています。 より早く社会生活に戻れるように急性期からリハビリ期を過ごす病棟で、主に痛みを和らげること、運動機能を改善すること、残存能力を向上させることへの看護を行っています。

    医療センター1病棟(60床)
  • 医療センター2病棟(60床)

    障害者施設等入院基本科の病棟で、主に重度の障害のある患者さんが入院し、手術後の筋力回復・神経難病・脳性麻痺・脊髄損傷のリハビリなどを行っています。 患者さんが安心して入院生活を送れるよう心あたたまる看護を実践しています。また、退院に向けては、家屋の調整・地域福祉との連携・各種福祉サービスの紹介などを行っています。

    医療センター2病棟(60床)
  • 医療センター3病棟(40床)

    医療センターの3階に平成27年4月に開設した新病棟で、高次脳機能障害の患者さまのリハビリテーションを行っています。患者さまが安心できるリハビリテーションを提供できるように、安全面に配慮した設備が整っており、スタッフステーションはオープンカウンターとなっています。どこからでも声をかけやすい環境の中で自主的な生活ができるよう、コメディカルと協働しながら患者さまを支援しています。

    医療センター3病棟(40床)
  • 若草園病棟

    本来なら家族に育まれつつ、家族という小集団から大集団の生活へと徐々に移っていく時期に、長期間家族と離れて生活を送る入園児。彼らの気持ちを十分考慮し、愛情を持って接すると同時に一人ひとりの園児の家庭背景や障害の把握に努め、他の専門スタッフと連携して、安全な環境の下で多面的な看護アプローチを行っています。

    若草園病棟
  • 若草療育園病棟

    入園児(者)の健康レベルを守り、入園児(者)のわずかな変化・想いを読み取ることでQOLの向上を図るとともに、入園児(者)家族とのコミュニケーションを図っています。

    若草療育園病棟
  • 教育体制について

    看護師一人ひとりがより大きく育っていけるよう、新人研修はもちろん、それぞれの経験年数に応じた教育・研修を実施しています。

    「看護教育の枠組み・指標」をご覧ください。