整形外科を中心とした医療と機能回復

高次脳機能センター(病院)

高次脳機能障害センターの役割

高次脳機能センターは、高次脳機能障害に対する診断・治療・リハビリテーション・社会復帰までの一貫した支援を行う体制を整え、広島県内の高次脳機能障害者の医療・福祉の向上を図ることを目的として、広島県の指定を受け、2006年に開設されました。
わたしたちは、脳障害者とご家族が幸せに暮らせる社会を目指します。

高次脳機能障害センター
  • (1)的確な診断評価

    県内より多くの患者さまが当高次脳機能センターに紹介されてくるため、豊富な症例数に裏打ちされた、的確な診断評価を行います。

  • (2)高次脳機能障害に特化したリハビリテーション

    高次脳機能センターでは高次脳機能障害に特化したリハビリテーションプログラムを実施しております。
    このプログラムは、平成14年から国の高次脳機能障害支援モデル事業に参画し、練り上げてきたものです。
    患者さまの病状に応じて、入院、通院、障害者支援施設でのリハビリテーションを提供しています。

  • (3)就労支援・社会復帰支援

    医療的なリハビリテーションのみならず、高次脳機能障害者の社会復帰までの継続的な支援を行います。
    その中でも就労支援を重要なテーマとして位置づけ、取り組んでいます。
    この障害のリハビリは、生活自立や社会復帰が可能となるところまで支援する必要があると考えています。

  • (4)家族支援

    ご家族が患者さまの急な変化にとまどわれていたり、対応に困っておられたりすることも多く見受けられます。
    高次脳機能センターは患者さまご本人とともにご家族の方へのサポートも行います。

  • (5)普及啓発、調査研究

    医療福祉関係者ならびに一般県民を対象とした教育研修や普及啓発を実施します。また、高次脳機能障害の改善や救済につながる調査研究を行います。